MIRIAM HASKELL(ミリアム・ハスケル)のイヤリング(ER1238)
5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201 5fc9fcb172eb464abb8b3201

MIRIAM HASKELL(ミリアム・ハスケル)のイヤリング(ER1238)

0 JPY

Free Shipping Over 15,000 JPY

About shipping cost

大きなバロックパールとゴールドメタルの繊細な造形が魅力的なイヤリング。 パールを包み込むように施されたメタルワークは、松ぼっくりをイメージする造形となっており、美しさの中にどこかユーモラスな表情も与えています。 ハスケルの代名詞とも言えるバロックパールは、考えられないほどの手間をかけて丁寧に作られております。 魚の鱗から抽出した成分、セルロース、アクリル樹脂を混ぜ合わせたものを12回にもわたりコーティングして作られたハスケル社のバロックパールは、美しい陰影のある儚さを感じる圧倒的な存在感があります。 刻印: HASKELL MIRIAM HASKELL(ミリアム・ハスケル): ミリアム・ハスケルは1899年、アメリカのインディアナ州で生まれたユダヤ系アメリカ人。 1923年、24歳の時にニューヨークのへラルドスクエアのホテルの一角に、コスチュームジュエリーを扱う店をオープンさせました。 当初は、ココ・シャネルをはじめとするフランスのコスチュームジュエリーを輸入しておりましたが、インテリアデザイナーのフランク・ヘスとの出会いが、オリジナルのジュエリーブランドとしての「ミリアム・ハスケル」の地位を確立させる大きな転換となります。 フランクの素晴らしいデザイン、ミリアムの経営者としての手腕は、最高のビジネスパートナーシップが生み出すジュエリーは、世界中に広まっていきました。 全てのパーツをオリジナルで作り、パーツを様々に組み合わせ異なったデザインのジュエリーを製作していたハスケルジュエリーは、同じデザインのものが見本用、自分の店の展示用、販売用の3点しか存在しないと言われています。 製造年・製造地: 1960年代 アメリカ ミリアム・ハスケルは現在も制作されているため、製造年の判断が難しいブランドです。 プレートサインから1960年代の比較的新しい品と推測されます。 素材: フェイクパール、ゴールメタル サイズ: 直径約2.5cm 高さ約1.5cm 重量: 14g(片耳) 状態: Good Condition ヴィンテージのコスチュームジュエリーとなりますので、金属には、経年に伴う曇りや薄れがみられます。 フェイクバロックパール、ゴールドトーンメタルの表面には、使用に伴う小キズやスレがみられます。 その他、よいコンディションのヴィンテージ品です。 その他: ヴィンテージのコスチュームジュエリーとなります。 一点物のお取り扱いとなりますこと、新品と同様のコンディションとは異なることを予めご了承ください。 発送の際は、ペーパー製のアクセサリーボックスにリボンをつけてお送りしております。 その他、お問い合わせ等ありましたらメールにて対応いたします。