{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

Irisglass Neglige Necklsce(NE1254)

Last 1

22,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

アイリスグラスのネグリジェネックレス。 アイリスグラスの内包された輝きと、エレガントなドロップラインが魅力。 繊細で美しいネックレスは、デイリーにも合わせやすいデザインです。 トップは、脇石として使われることが多いバゲットシェイプのグラスの周りを、小さなラウンドグラスを並べています。 スクエアとラウンドを合わせたり、大きなラウンドシェイプを左右2粒ずつ飾ったりと、トップのデザインだけでも豊なデザインとなっています。 ドロップラインの先端には、ペアシェイプのグラスを使い、その周りを小さなラウンドグラスが飾っています。 ラインの真ん中あたりに左右一粒ずつラウンドグラスを飾っているのも、さりげなく美しいポイント。 すべてのアイリスグラスは、四ツ爪でしっかりとセットされています。 バッグに施された繊細な装飾は、デザイン力の高さ、当時の職人たちのハイレベルな技術を感じます。 ネグリジェネックレス: ネグリジェネックレスは、長さの異なる二つのドロップや房飾りが付いたデザイン。 Neglige(ネグリジェ)とは、デイタイムに着用するウエストを締めないルーズなドレスのことで、ネグリジェに合わせるためのネックレスとして、20世紀初頭の上流階級の女性たちが愛用しておりました。 ダイヤモンドを用いたものが主流ですが、コスチュームジュエリーでも稀に出会うデザインです。 アイリスグラス: クリアグラスの中に、レッド、ブルー、グリーンなどの複数色の差し色が入ったグラスです。 その色合いが虹を連想することから、ギリシア神話に登場する虹の女神イリス(Iris)に因んで名付けられました。 1900年代からチェコスロヴァキア、そしてドイツなどでも製造されました。作られた国や時期によって色合い等スタイルは様々ですが、比較的ふんわりと色が入っているものが古いアイリスグラスと言われています。 Age:1920〜1930年代頃 イギリス買付、フランス製と推測 Material:アイリスグラス、ゴールドメタル Size 長さ 約40cm ドロップラインの長さ 右:3.5cm 左:4cm チョーカータイプで、鎖骨の辺りにトップが寄り添うような長さ。 Condition 素材には、経年・使用に伴う曇りや薄れ、小キズやスレがみられます。 その他、よいコンディションのヴィンテージ品。 ※ヴィンテージのコスチュームジュエリーとなります。 一点物のお取り扱いとなりますこと、新品と同様のコンディションとは異なることを予めご了承ください。 ※イベントや他社ECサイト等で同時に販売しているため、ご注文が確定した後でも在庫の欠品が発生する可能性がございます。 その他、お問い合わせ等ございましたらメールにてご連絡お願いいたします。